業務内容

・処方せん受付

・一般用医薬品の販売

・新型コロナ、インフルエンザウイルス抗原検査キットの販売

・居宅療養管理指導

・在宅患者訪問薬剤管理指導(小児在宅は要相談)

・医療用麻薬の調剤(注射剤等、一部不可あり)

・医療材料、衛生材料の取り扱い

・高度管理医療機器の取り扱い

・緊急経口避妊薬の処方せん受付(対面処方のみ)

 (無菌調剤処理は対応不可)


処方箋の調剤

各医療機関から発行された処方せんにもとづいて調剤します。

安全にお薬を飲んでいただくために薬剤服用歴をつくり、重複や相互作用、副作用の確認をします。

ご高齢の患者様が服用しやすいように、薬剤の一包化や粉砕などの対応も行っております。

また、正確性や効率性を考え、最新の分包機やレセコン、ピッキングシステムなどの環境整備も整えております。

ジェネリックにも積極的に対応しています。



服薬指導


患者様にわかりやすい説明を心がけ、前回窓口に来ていただいた日からの体調の変化や血圧の変動など、いろいろなことを聞きながら服薬指導をおこなっております。

また、食事のことや健康食品などにもお答できるようつとめております。


かかりつけ

できるだけ各種処方せんに対応できるように品目数を揃えております。初回で在庫がない場合でも至急で準備し、次回からは欠品の無いよう心がけています。

かかりつけ薬剤師として専属の薬剤師が対応する事にも対応しています。

施設調剤においては複数の病院から処方された薬を預かり、服用日毎にまとめてお渡ししています。


在宅訪問薬剤管理指導

医師の指示と患者様の同意を得て、患者様のお宅に訪問し内容説明、服薬状況の確認、服薬上のアドバイス、薬の管理のお手伝いなどを行います。

訪問時に収集した患者様の情報を医師にフィードバックすることも仕事のひとつです。

入院からご自宅に戻った際、生活環境の変化でうまく服用できなかったりする事もありますが、いかにして服薬コンプライアンスを保てるか考え、保管方法や服用タイミングにおいて、時には家族の理解と協力をお願いしています。

服薬が長期に渡る場合が多いため、起こり得る可能性のある副作用を予測し、早期に発見できるように努めております。

副作用歴やアレルギー歴を知り、OTC薬や食品との相互作用などをチェックすることで、よりよい薬環境を提供しADL,QOLの低下を防げると考えます。


お薬の専門家として


少しでもお薬の事を理解して頂くため、また在宅管理指導のことなども含めて介護施設・グループホーム・町内会館などで”お薬なんでも説明会”を行っております。

地域のみなさまとふれあうことができ、とても勉強になっております。